『ぱんち』が『ぱんち』である所以

アクセスカウンタ

zoom RSS 根拠のない行動は眩暈と困惑と脱力感を引き連れて・・・

<<   作成日時 : 2014/07/30 04:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

作業環境が深夜しか使用出来ないという「老人を大切にしないスケジュール」を割り振られたお蔭で今夜もこの時間の更新。

昨日は深夜仕事に備えて家で待機(代休)を取って寝ていたのだけど、ふと思い出したのが十数年前に他界した友人のこと。

『そういや今日みたいに代休取って寝てたときに訃報の電話が来たんだよなぁ・・・』

当時、都内で仕事していたが急な訃報に翌日の予定を全てキャンセル(大した仕事をしていないのが明白だけど)して帰郷したのだった。

確か命日は・・・7/29だったよなぁ・・・と漠然とした記憶。

あれ?今日何日だ?あ!今日が命日じゃんよー・・・と。

時計をみればまだ10時前。
墓も市内の霊園にあるので余裕で墓参り出来る。

彼の嫁さんも墓参りに行くだろうから、お供えモノ(タバコ)と線香があれば良いか。

ちゃっちゃと支度を済ませて出発し、途中のコンビニで彼の好みだったタバコとコーヒーを買って市内の高台にある霊園へ。
まだ11時だというのに物凄い暑さだ・・・
間違えて掃除用の雑巾で汗を拭いた自分にイラつきながらも広大な霊園の中へ。

流石に平日ということもあり人影はまばらだ。

まぁ掃除は終わっているだろうと思いつつも水をくみ雑巾を絞ってから彼の待つ墓へ・・・


あれ?雑草が生えたままだな・・・
ってことはまだ来てなかったのか・・・
まいっかーと掃除を始める。

花台を引っこ抜きタワシで洗い、お供え物を総廃棄。
周囲の雑草を引っこ抜いて枯葉と集めてゴミ箱へ投棄。
墓も墓誌もキレイに拭き上げ線香を焚いてタバコにも火をつけて供える。

仏花が無いのが物足りないがあまりやり過ぎては嫁さんが気にするしなぁ・・・と自己満足。

墓石の前で自分も座って一服。

ジリジリと照りつける日差しが痛い。

あっという間に日焼けしそうだなぁ・・・と思いながらギラギラと日差しを反射する墓誌をみる。



一九九八年八月二十七日没


え、8/27?

突然湧き上がってくる困惑と眩暈と脱力感。
きっと日差しのせいではないはずだ。

突然の来訪に彼もきっと驚いたことだろう。



それにしても7/29って一体何の日だったんだ??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
根拠のない行動は眩暈と困惑と脱力感を引き連れて・・・ 『ぱんち』が『ぱんち』である所以/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる